metaSANが実現するソリューション 画像
  WINDOWS, Mac, Linux間でのデータ共有
 

従来、Windows, Mac, Linuxという異なるOS環境でユーザーがファイル共有するにはファイルサーバーを介して行うのがもっとも一般的なシステム対応でした。しかし、今日、映像、画像といった大容量データをファイルサーバーを介して各ワークステーション間で共有するにはネットワークに対する負荷が大きく、全体の業務に影響をあたえる場合が多くあります。 また、ファイルサーバーでの収納にもファイルのクリエータ、アップリケーション等、管理することが多く、常にシステム管理者の頭を悩ませることがあります。 metaSANはWindows, Mac OS, Linuxという異なるOSを搭載したコンピュータの間でSANのボリュームを直接ローカルディスクの様にマウントすることを可能にします。データをファイルサーバーにアップロードしたり、ダウンロードする時間を削減することができ、異なるOS間でのワークスローの生産性を大幅に改善することがでます

 

OS混在環境でのファイル共有イメージ

 
 
metaLANページへリンク Tiger Technology社についてmetaSAN ホームへリンク metaSANページへリンク