metaSANが実現するソリューション 画像
  大容量データのLAN Freeバックアップ
 

通常、大容量ストレージに保存されたデータはバックアップサーバーを介してデータを他のメディアに保存します。この場合、バックアップサーバーはネットワークを介してソースデータがあるサーバー/ストレージに対してアクセスします。また、実際にバックアップを行ったり、リストアーを行う場合、データはネットワークを介してバックアップメディアに転送されたり、その逆であったりします。その結果、データはTCP/IPのプロトコルに依存するか、NDMPと呼ばれる特殊なプロトコルに依存することになり、ネットワークに大きな負荷をかけ、他のアップリケーション業務に大きな影響を及すだけではなく、緊急のリストアーに対しても多大な時間を要することになります。
metaSANはSANストレージをあたかもローカルディスクの様にマウントすることができます。そんこで、従来のネットワーク上にバックアップサーバーを持つ代わりに、SANのメンバーの1台のサーバーにバックアップの業務をさせることを可能にします。下図はその構成、状況を示します。 LAN Free backupのメリット

  1. Lan Free backupにより、ネットワークに対する負荷を削減できる。
  2. FC経由でのバックアップの為、ボトルネックが無く、ローカルディスクからバックアップディバイスに直接バックアップを取るのと同等の性能を実現可能。
  3. 特別なバックアップサバーアプリケーションを用意する必要が無く、ローカルディスクのバックアップユティリティーのみで高速バップアックを実現可能。

以上の点でmetaSANを使用したLAN Free Backup にはすぐれた投資効果を期待することができます。

 

LAN Free バックアップ

 


 
metaLANページへリンク Tiger Technology社についてmetaSAN ホームへリンク metaSANページへリンク