metaSANが実現するソリューション 画像
  SAN上でのコピュータ間のファイル共有
  SAN ( ストレージ エリア ネットワーク ) は、増加するデータに対してストレージ資源の集中を実現し、より高性能で、柔軟性、拡張性に富み、経済性に優れたストレージアーキテクチャーとして、高い価値をユーザにもたらしました。しかしながら、この集中化したSANのストレージの利用はあくまでRAID装置内部に設定された論理ドライブをSANに接続されたコンピュータがローカルのドライブとしてマウントすることに限られ、複数のコンピュータから同時にSAN内の論理ドラブをマウントし、アクセスすることはできませんでした。より高いシステムの生産性を実現するためにはSANストレージの内部に保存されたデータを、SANを共有するコンピュータから同時にアスセスすることを可能にし、より効率のよいデータ共有環境を実現する必要があります。
SANストレージ内のファイルレベル共有は複数のファイルへの同時書き込みや更新を可能にします。
 
SAN ファイル共有イメージ
 


 
metaLANページへリンク Tiger Technology社についてmetaSAN ホームへリンク metaSANページへリンク