metaSAN導入事例

 

ポストプロダクション Keyframe Communications

ー888 Poker, Great West Life, World Vision, Tempur Canada, Sunwing Airlines 、Kawasakiーといったクライアントを持つ Keyframe Communicationsは、カナダ・オンタリオ州西部ロンドンに拠点を置くポストプロダクション専門のスタジオです。

経済的で効果的なプロジェクト管理を行うKeyframe社Keyframe

Keyframe社の特徴は、プロモーション、研修用映像から世界規模のテレビ向けCMまで多岐に渡る映像制作だけでなく、スクリプト制作、撮影、編集、モーショングラフィックスアニメーション、DVD、Web TV向け放送、インタラクティブなメディアソリューションを含む完全なインハウスサービスを提供している点にあります。

「私たちのスタジオには、撮影からポスプロまでのスケジュールをできる限り確実にこなすための最新のプロセスがあります。」
「私たちはプロダクションのクオリティーを落とすことなく、実現可能なコスト内で制作を行うことにプライドをもっています。この仕事が大好きですし、有意義な経験と最高の出来栄の作品をお客様にお届けできるよう尽力しています。もちろん期日通りに、どのプロダクションにおいてもです。」 ーKeyframe 創設者 Bryan Peel 氏

このスムーズなプロジェクト進行は、効率が高く、クリエイティブで、良いスタッフに恵まれているという強力なチーム力があってこそですが、metaSANの導入により、高速ファイバチャネルインフラを使用し、標準からHD映像コンテンツを3つの編集室でリアルタイムに共有が可能となった点も、多いに関連しているのです。

数時間でSAN設定が完了

「一度RAIDがイニシャライズされれば、FCスイッチのゾーニングとネットワークの問題が解決されます。通常の手順通りディスクユーティリティを使って、アレイをフォーマット、そしてテストをしました。その後、metaSANを起動しSANボリュームの管理、保護の設定をし、残りのワークステーションがSANに入れるようmetaSANをインストールしました。これだけです。」

 

「さまざまなSANの提案を検討し、選んだのはmetaSANです。」

「3年間さまざまな仕事をやってみて、metaSANが手頃な価格、それでいて効率的で信頼できるソリューションであるとご報告できて嬉しいです。」 ー Peel氏

経済的 - metaSANはオープンスターンダードに準拠し、難解な設定が不必要なことから、他のSANソリューションと比較してかなり経済的です。 元々、Keyframe社のSANはストレージ 1台とQlogicのスイッチで構成され、SANの最適な性能を引き出すための専用のメタデータコントローラを置き、セキュリティ強化のためデジタルテープバックアップを使用していました。

「最近RAIDシステムを新たに導入しました。拡張の必要がでたときに、最善の組み合わせをいつでも活用することができるのは素晴らしいことです。」

高効率 - metaSANの導入で、編集者は行程の度に映像をワークステーションから、ワークステーションへと移動する必要がなくなり、Keyframe社全体の効率向上につながりました。

「同じ作品を複数で編集することはあまりありませんが、全てのコンテンツがいつでもどの編集室からも利用可能なので、編集室のブッキングや、クライアントとのタッチアップセッションがとても楽になりました。」

信頼性 - 毎日16時間、週6日のペースで稼働

「既に数百のプロジェクトをmetaSAN環境で制作していますが、システムダウンは一度もありません。metaSANは、まさに私たちが求めていたソリューションだと言うことを十分証明していますよ。」 -Peel氏


日本におけるmetaSANのサポートはMIC AssociateまたはMICが指定する会社が行います。
metaSAN/metaLAN についてのお問い合せはこちら お問合せボタン

Topへ戻る