metaSANが実現するソリューション例タイトル


映像のノンリニア編集作業環境での効率改善

映像のノンリニア編集作業環境での効率改善は、metaSAN を使用することにより最も効果的な業務アプリケーションのひとつです。

映像データは高精細化に伴い、ますますファイルサイズが肥大化しています。
HD非圧縮データ(HDTV, 1080/60i, 4:2:2非圧縮)の場合、約180MB/秒のデータをストレージに取込むと、2時間の映像はファイルサイズが約1.3TBにもなります。
このような映像データを取込み、編集し、完パケデータを次行程に渡すために、通常のEthernet では長時間の転送時間が必要でした。

高速大容量ストレージをコアにしたSANを構成し、編集各工程のワークステーションに metaSAN をインストールし、ワークステーション間でのファイル共有環境を実現することで、ファイル転送時間を不要にし、大幅な作業時間の短縮を図ることが実現されます

 

 

関連資料 
構成例 データ移動時間0秒を実現するソリューション
映像制作ワークフロー検証 Doremi Labs 製「DMS-2000」とmetaSANを使ったSAN環境の構築

Topへ戻る


MICオープンラボにて、metaSANのデモンストレーションをご覧頂けます。
metaSAN/metaLAN についてのお問い合せはこちら お問合せボタン 


Topへ戻る